2012年10月18日

洋書の読み方

英語の練習に洋書を読むことはいいことです。しかし、簡単ではありません。ではどうやって自分は洋書を読んでいるかというと読んでいません。矛盾するように聞こえると思いますが、読んでいないのです。分からないところは容赦なく無視ということです。実際に内容を把握できているのは5〜7割程度だと思います。でもこれでいいんです。年々その割合は増えていっているので、いつかは9割以上分かるようになりそうです。ちょっと楽観視すぎるかもしれませんが、細かいことを気にするのは英語の勉強ではよくないことなので大胆にいきましょう。洋書は内容を理解するためのものでなく長文に慣れるためのもの、自分はそう位置づけています。
ニックネーム たかちゃん at 10:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント